成長期 頭痛|子供に起こる頭痛は何が原因?そしてその対処方法は?

特に風邪をひいたわけでもないのに、頭が痛いというとき、ありますよね。
成長期の子供、特に小学校高学年や中学生あたりにみられ、親が心配するわけですが、こうした頭痛はどうして起こるのでしょうか?

 

zutuu

 

成長期の子供に多く見られる頭痛

親は子供が「頭が痛い」といった場合、まずは風邪を疑い熱を測ることが多いのでますが、熱があるわけでなく、咳や鼻水が出ているわけでもないとしたら、その頭痛をどう考えればいいのでしょうか?

 

 

実は私自身、現在高校2年生になる娘が小学校高学年から中学2年生くらいまでにかけての頃に、まさにこういった頭痛を訴えられて悩み、「本当に痛いの?」という言葉を発して娘を傷つけてしまったことがあります(>_<)

 

その頃、保健センターなどで相談に乗ってもらい、子供が抱える頭痛についていろいろ学んだのですが、子供の抱える疾患に詳しい医師によると、こうした頭痛は確かに存在するとのことでした。

 

そして、成長期の子供にみられる頭痛には、次のようなものがあるそうです。

 

片頭痛

zutuu

 

大人で頭痛持ちの多くが悩むのがこの「片頭痛」なのですが、子供にも同様のものが起こるそうです。

 

片頭痛とは、脈が流れるたびにズキンズキンと痛む発作のような強い痛みで、原因は人それぞれ異なりますが、低気圧、強い日ざし、音、人混みなどがきっかけで発生するといわれています。

docter

 

大人の場合もそうですが、発作的に起こるので、頭痛がないときは普通に生活していて、むしろ活発な子が多いらしいです。

 

故に、急に「頭が痛い」といわれると「仮病じゃないの?」なんて疑われたりするのですが、ひどいときには吐き気を伴ったり、寝込んでしまうこともあるのだとか(゚д゚)!

 

チョコレートやチーズで誘発されることもあるようですが、多くは体質的なものが原因とされ、遺伝的要素が強いといわれています。
家族歴があれば予測がたつ頭痛ということですね。

 

 

緊張型頭痛

片頭痛に次いで多いといわれているのが、緊張型頭痛といわれているもの。

docter

 

締め付けられるように痛むのが特徴で、頭や肩、首の筋肉の緊張や、ストレスによって引き起こされることが多いようです。

 

 

一般的な傾向をみると、こうした頭痛が起こる背景には、家庭での問題や勉強の悩み、学校での人間関係やいじめなど、心理的な要因が関係している場合が多く、緊張型頭痛が慢性化して学校生活に支障をきたし、治療に時間がかかるケースも珍しくない・・・ということなので、頭痛という痛みだけでなく、子供の生活全般に注目してケアしなければならないものともいえますね。

 

 

慢性連日性頭痛(CDH)

子供が抱える頭痛の中でもっとも複雑で難しいのが、慢性連日性頭痛だそうです。

 

これは、先にご紹介した片頭痛と緊張性頭痛が慢性化して複合的に起こるもので、その治療も頭痛の予防薬を使用しながらも、精神面のサポートが必要とされます。

 

生活環境を総合的にみて問題と思われることを一つ一つ取り除いていくことで症状が楽になるといわれているので、慎重な対応が必要とされますね。

 

docter

 

子供にも見られる二次性頭痛

上記の頭痛は、背後に原因となる病気がない一次性頭痛といわれるものですが、頭痛の中には脳腫瘍や脳血管の病気、副鼻腔炎など原因となる疾患のある二次性頭痛も含まれますので、注意が必要です。

 

◎二次性頭痛が疑われる場合の症状の目安

  • 後頭部に痛みを感じたとき
  • 以前からの頭痛の重度や頻度が増したとき
  • 睡眠中に頭痛で目覚めるようなとき
  • 朝起きたときに頭痛で嘔吐してしまうとき
  • 今まで経験したことのない激しい痛みを感じたとき

 

二次性頭痛の発生頻度は、子供の場合3〜4%と少ないというデータがあり、大半は先にご紹介した片頭痛や緊張型頭痛といわれていますが、正直なところ素人には見分けがつきませんよね。

 

一次性頭痛と二次性頭痛を見分ける目安となるものは一応あるようですが、安易に素人判断をして万が一それに該当していては大変です!
子供の様子を診ていて「これはどうかな?」と迷った場合には、ぜひ病院を受診して医師の診断を仰ぐようにしてくださいね( `ー´)ノ

 

成長期の頭痛への対処法

docter

以上の事情を踏まえた上で、成長期の子供の頭痛に対して、私たちはどう対処したらいいのでしょうか?

 

 

普通、頭痛を病院で診てもらうとしたら、小児神経科・神経内科・脳神経外科といったところが専門となりますが、子供が「頭が痛い」と言い出したときは、個人的にはまずはかかりつけの小児科を受診して診てもらうのをおすすめしたいと思います。

 

この「かかりつけ」というのがポイントなんです。

 

 

なぜなら・・・ここで風邪が判明すれば治療薬を処方してもらい、早期に治すよう専念するといいですよね。
また万が一二次性頭痛が疑われる場合は、しかるべき病院への紹介状を即座に書いてもらうことができます。
いずれにせよ、まずは病院で診断してもらうという過程が必要ですね。

 

 

そして、風邪ではなかった場合、問診によって片頭痛や緊張型頭痛だと診断できれば、CTやMRIなどの画像検査を受けずに済みます。

 

「念のため受けた方がいいのでは?」という意見の方もいらっしゃるとは思いますが、特にCTは放射線なので、できるだけ子供たちに受けさせたくない、というのが本音ですね。

 

 

既に触れたように、子供の頭痛には心理的ストレスが大きく関係している場合があります。
かかりつけの医院なら親しみもあることから、子供が先生に症状や思っていることを訴えやすく、医師もその問診から片頭痛や緊張型頭痛の診断を下しやすくなるのです。

 

josei

 

そして、片頭痛や緊張型頭痛と診断された場合は、症状に合わせて次のように対処するのが望ましいですね。

 

生活に支障をきたすくらい頭痛がひどい場合

かかりつけの病院で鎮痛薬を処方してもらっておき、症状が表れたら我慢せずに飲んで痛みを鎮めることが先決です。

 

頭痛に前兆がある場合は、その段階で飲むのが望ましいとか。
予め担任の先生とも相談しておき、授業中であっても頭痛を感じた場合は鎮痛薬を飲ませてもらった方がいいということでした。

 

 

緊張型頭痛の場合も、朝「頭が痛い」と言い出したら、学校を休ませるのが正解なのだそうです。
学校に行くこと自体がストレになって症状を引き起こしている場合は、「行かなくていい」というだけで気が楽になり症状が治まることも珍しくないのだとか。

 

ゆっくり休ませてそのときの頭痛を取り除いた上で、精神的なサポートを行ない、原因を一つずつ取り除いてあげるといいようですね(#^.^#)

 

 

痛みが重度でない場合

頭痛の程度が重度でない場合は、できる限り非薬物治療を行なった方がいいというのが、大多数の医師の意見だそうです。

 

例えば、片頭痛の場合は、要因となるチョコレートやチーズを食べないようにするとか、頭が痛くなったらカーテンを引いて光を遮る、静かな暗い部屋で安静にさせるといった処置をとることになります。

 

緊張型頭痛の場合も、子供のおかれた環境をよくみて、睡眠時間を整えたり、適当な運動を取り入れるようにしたりするほか、精神的なケアも必要になりますね。

 

 

また、マグネシウムの不足から頭痛が発生するともいわれており、「片頭痛に悩まされる人にマグネシウムを補給したところ、症状が改善した」というデータもあるようです。

 

親の心理として、子供にはできるだけ病院の薬物は入れたくないですよね。
故に、子供の繰り返す頭痛には、まずはマグネシウムの補給を試していただきたいなと思います( `ー´)ノ

 

 

そこでおすすめしたいのが、マグネシウムをたっぷり含有した海洋深層水「AECスッキリウォーター」です♪

 

aecスッキリウォーター

 

この「AECスッキリウォーター」は、日本頭痛学会が推奨している海洋深層水。
頭痛を薬物で対症療法的治療で抑えるよりも根本的に解決してほしい・・・という医師の考えが反映した対処方法なのです。

 

button

マグネシウムの補給がなぜ必要?

 

そもそもマグネシウムは、すべての生合成反応や代謝反応に必須のミネラル
なのに、食事からの補給が難しい上に、ちょっとしたストレスがかかっただけで尿中に排出され不足気味になる栄養素なのです。

 

こうした状況は厚労省の栄養調査からも明らかで、成人男性を例にとってみると、その平均摂取量は1日当たり120rずつ不足しているのだとか(>_<)
食事で補いにくい成分なら、サプリメントを活用するのが妥当ですね。

 

このように、頭痛の症状を改善するにはマグネシウムの補給が効果的なのですが、私たちの食生活と生活環境ではマグネシウムが不足しがち(>_<)

 

でも、だからといって子供にいろいろなサプリメントを飲ませるのはちょっと・・・というお母さんが多いので、「ならばお水から」ということなのです。

 

 

この「AECスッキリウォーター」は、1本500mlあたり120rのマグネシウムが含有されています。
120rはまさに1日当たりの必要摂取量の不足分なので、これを飲めば不足が補えるということになりますね(*^-^*)

 

マグネシウムの摂取量が十分になれば、頭痛はかなり軽減されると考えられています。
だからこそ、日本頭痛学会の認定医も推奨しているので、ぜひこの海洋深層水を飲んで頂きたいと思います。

 

◎AECスッキリウォーターのおすすめポイント

  • 1本500ml中に頭痛改善に効果的なマグネシウム120rが含まれている
  • 徹底した衛生管理のもと製造されている
  • 海水の塩分は99%以上カットされていて安心
  • 妊婦さんや授乳中の方も安心して飲める安全性
  • 日本頭痛学会の認定頭痛専門医が頭痛の根本解決に推奨している

 

このように「AECスッキリウォーター」は、乳幼児や小児は摂取を控えた方がいいといわれるくらいマグネシウムがしっかり含有されている水です♪

 

まずはお試しで6本980円というリーズナブルさ!
思春期の子供や大人で頭痛に悩んでいる方は、ぜひ試してみて下さいね(*^-^*)

 

 

「AECスッキリウォーター」お試しセット!

sukkiri2