低身長症|低身長症ってなに?

子供の背が伸びる度合いや伸びる時期にはそれぞれ個人差があり、一概に論じることはできないのですが、それでも客観的にみて他の子より小さかったりする場合、低身長症と考えられます。

 

子供たち

 

この「低身長症」は、それ自体が特別な病気というわけではなく、一般的な成長の基準を下回っている状態だと医学的見地から定義されているもの。
なので、同性同年齢の子供のうち、約20〜30%が該当するといわれていますね(#^.^#)

 

◎低身長症と定義される基準

  1. 平均身長より著しく低い
  2.   平均身長とのばらつきの大きさ(分布幅)を示したSD値(Standard Deviation +2SD〜−2SDが標準とされる)が-2SDを下回った場合

     

  3. 1年間の身長の伸び率が著しく悪い場合
  4.   同じくSD値を基準とし、−1.5SD以下の状態が2年間続いている場合
      例えば、小学校低学年だと男女ともに1年間の伸び率は5〜6pが標準ですが、これが4pを下回る状態が2年以上続いている場合

 

この2つの両方、若しくはどちらか1つに該当した場合、低身長症と位置付けられるようですね。

低身長症の原因|原因に応じた対策を講じることで改善しましょう!

docter

上記の基準から判断される低身長症は、「現時点では低身長の状態にありますよ」という医学的な定義にすぎませんが、その背景には様々な原因があり、中には病気によるものも含まれているため注意が必要です。

 

 

低身長症の原因が病気でない場合

遺伝的要因

父親や母親の身長が低い場合に、その遺伝によって子供が同じように身長が低くなるというのを遺伝的要因といいますが、こうした遺伝による影響は20〜25%といわれています。

 

私たちが思っている以上に、親からの遺伝は少ないようですね(#^.^#)

 

 

環境的要因

子供の身長の伸びには、成長期における「栄養」「運動」「睡眠」という3つの要素が大きく影響しますが、家庭での生活環境においてこれらが十分に整えられていない場合、低身長になってしまう場合があると考えられています。

 

親として気をつけてあげなければいけないポイントというのは、まさにこの点ですよね(^^;)

 

josei

運動を全くしなかったり、運動の仕方が極端な場合は、親が調整しなければならない場面も出てくると思いますし、睡眠についても最近は特に生活の時間帯が遅くにズレ込んだりスマホを使い過ぎたりして乱れていますので、注意を促す必要があります。

 

 

また特に重要な栄養面については、子供の好き嫌いや運動の仕方で必要とされるエネルギーも違ってきますので、食生活だけで整えるのが難しい場合は、こちらでご紹介しているような成長サポートサプリを活用されるのも一つの有効な方法だと思われます。

 

低身長症の原因が病気によるものの場合

子供の低身長症がさまざまな病気の症状である場合がありますので注意が必要です。

 

docter

 

成長ホルモンの分泌異常(成長ホルモン分泌不全性低身長症)

骨の成長には促す役割の成長ホルモンの存在が欠かせませんが、この成長ホルモンが不足することで低身長になってしまっている場合があります。

 

その原因としては、脳の外傷によって下垂体が影響を受け成長ホルモンが十分に分泌できない場合や、脳腫瘍があるために分泌不足になす場合があるとのことです。

 

甲状腺ホルモンの分泌異常(甲状腺機能低下症)

身長の伸びにかかわるホルモンとしてあまり知られていませんが、のどぼとけ付近にある小さな臓器である甲状腺から分泌されるホルモンも重要な役割を担っています。

 

このホルモンが、慢性甲状腺炎によって甲状腺が破壊されたり(原発性甲状腺機能低下症)、生まれたときから甲状腺機能に低下が見られる先天的なクレチン症などで十分に分泌されない場合、低身長になってしまうことがあるようです。

 

染色体の異常(ターナー症候群、プラダー・ウィリー症候群など)

女の子に2,000人に1人の割合でみられるターナー症候群や、男女問わず1万人に1人の割合で見られるプラダー・ウィリー症候群は、いずれも染色体に異常がある病気です。
これらの病気の症状の一つとして、低身長が起こる場合があるといわれています。

 

子宮内発育不全による影響(SGA性低身長症)

出産時に平均よりも身長・体重が小さく生まれる「子宮内発育不全」だったために、低身長にとどまってしまう場合があります。

 

とはいえ、多くの場合、3歳までには標準の成長に追いつくというデータもありますので、まれなケースといえるかもしれません。

 

骨・軟骨の異常(軟骨異栄養症)

軟骨無形成症や軟骨低形成症など、骨・軟骨自体の異常によって身長が伸びない病気もあるとのこと。
この場合も症状として低身長になってしまいますね。

 

内臓疾患(慢性腎不全など)

心臓や肝臓、消化器などの臓器に疾患があることで十分な栄養が取り込めず、低身長になってしまう場合があります。

 

 

こうした病気によって低身長になってしまっている場合も、その原因に応じた適切な治療を受けることで状態が改善するものもあるようです。

要は、早期に自分の子供が低身長かも知れないと気付き対処をすること。

josei

 

それには、普段から子供の身長・体重をチェックして成長曲線に照らし合わせてみるなど細やかな見守りが必要とされるかもしれません。

 

せめて小学校の高学年に至るまでのあいだは低身長症を念頭に置いて身長の伸びをチェックした方が良さそうですね(#^.^#)