思春期早発症|早く気付いて適切な治療を受けよう!

「身長が伸びない」という悩みが病気に起因する場合、幼いうちから小さくずっとそのまま・・・というケースの他に、身長の伸び始めは通常より早かったのに、結果的に低身長だった・・・というケースがあります。

docter

 

後者のケースは「思春期早発症」といわれるもの。

 

成長が早くていいように感じるかも知れませんが、実は思春期が通常よりも2〜3年早く訪れることによって、身長の伸びが期待できる成長期が早く終わってしまうという病気なのです(゚д゚)!

 

思春期早発症の症状とは?

子供の健やかな成長は全ての親の願いなので、特に生まれて数年のうちは、日々成長していく子供の様子を母子手帳などの成長曲線に照らし合わせながら確認しているお母さんが多いと思います。

 

docter

その場合、「あれ?うちの子は成長曲線から大きくはみ出しているわ」と感じることはないでしょうか?

 

もともと個人差があって当たり前の成長なので、幅のある成長曲線の誤差といえる範囲ならば問題はないのですが、「ちょっとこれは・・・」と感じる場合は医師に相談してみた方がいいかも知れません。

 

というのも、早い女の子で8〜9歳から始まるといわれている思春期が6〜7歳から始まってしまう場合、次のような体の変化が子供たちに訪れることがあるのです。。。

 

思春期早発症の症状 女子の場合
  • 10歳6ヶ月になる前に生理が始まる
  • 8歳になる前に陰毛や、わき毛が生える
  • 7歳6ヶ月になる前に乳房が成長し始める

 

中には、8歳なのに胸が膨らみ初め、さらにしこりまであるように感じて不安・・・というケースもあるくらい(>_<)
本人を含め周囲が戸惑いを感じる早熟さの場合は、速やかに病院で医師に相談してみた方がいいと思われます。

 

思春期早発症の症状 男子の場合
  • 11歳になるまでにわき毛、ひげが生え、声代わりが見られる
  • 10歳になるまでに陰毛が生える
  • 9歳になるまでに精巣が発育する

 

一般的に、女子よりも成長の度合いが遅めの男子は上記のような症状があげられますが、どれか一つだけが該当するという場合でも、もしも成長曲線から大きくズレるほどの身長の伸びがすでに見られている場合は医師に相談した方が良さそうです。

 

josei

 

では、なぜこうした他人より早い成長を特別視するのかというと、このような思春期早発症を引き起こしている原因に精神的なケアの問題を含め、身体に重篤な問題を抱えている場合が考えられるからなのです!

 

  1. 幼い年齢で陰毛や乳房が発育してしまうため本人や周囲が戸惑い大きなストレスとなる場合がある
  2. 思春期の訪れが早いと成長期の終わりも早いため、一時的に身長が伸びても結果的に低身長で終わる場合がある
  3. 脳炎後遺症・水頭症、脳内の腫瘍(副腎腫瘍や性腺腫瘍)など脳の病気が隠れている場合がある

 

そして、身長を伸ばしたいと考えているお子さんや親御さんにとっては、低身長で成長期が終わるかも知れないという点で思春期早発症は気になる病気です。

 

成長ピーク

 

上のグラフをご覧になってもお分かりのように、思春期が遅くきた方が結果として身長が高くなるというデータが出ているわけですね。

 

思春期早発症の原因ってなに?

思春期早発症の主な原因は、脳の視床下部にある下垂体が早いうちから活動をはじめ、卵巣、精巣に性ホルモンの分泌命令を送り始めてしまうことです。(このタイプは「中枢性思春期早発症」と呼ばれます。)

 

docter

 

さらにこの「中枢性思春期早発症」は、脳内の腫瘍や脳炎後遺症が影響する「器質性中枢性思春期早発症」と、詳しく脳を検査しても異常が見つからず、体質的な問題によって発生すると考えられる「特発性中枢性思春期早発症」の2つのタイプに分けられます。

 

「特発性中枢性思春期早発症」の特徴としては、女の子に多く見られるとのことです。
その他は、副腎腫瘍や性腺腫瘍によって起こる「末梢性思春期早発症」がありますね。

 

脳

◎思春期早発症の種類
●中枢性思春期早発症

  • 特発性中枢性思春期早発症
  • 器質性中枢性思春期早発症

 

●末梢性思春期早発症

 

思春期早発症の治療方法

以上のような思春期早発症に対しては、血液検査による性ホルモンの血中濃度を測定したり、骨の成熟度(エックス線検査)を調べた上で、それぞれ症状と原因に応じた治療がなされます。

 

特発性中枢性思春期早発症 注射などの薬物治療(特に治療が必要とされない場合もある)
器質性中枢性思春期早発症

・腫瘍に対しては、摘出手術または放射線治療
・脳炎後遺症や水頭症に対しては薬物治療

末梢性思春期早発症

・副腎や性腺の異常の場合は外科手術
・先天性副腎皮質過形成症の場合は副腎皮質ホルモン治療(ステロイド療法)

 

josei

 

いずれにせよ、これらの治療が効果的に行なわれるためには、思春期早発症が発症していることが早期に発見される必要があります

 

それだけに、親としてはせめて小学校の高学年に至るまでは、成長曲線をチェックしながら子供の体の変化を細かく見守ってあげたいですね。
それでこそ心の変化や悩みにもいち早く気づいてあげられるかもしれません(#^.^#)

 

 

button

成長期に必要な栄養不足や栄養バランスの乱れにはサポートサプリを!

 

【MAX GPC α】で、子どもたちの成長を強力サポート